大腸がんは早期治療が大切|近年次第に増加傾向

先生

日常的に気を付けること

hospital

規則正しい食生活を

胆管がんは、胆管の上皮にできる悪性腫瘍です。症状としては、黄疸、腹痛、体重減少、発熱、食欲不振、白色便、かゆみなどがあげられます。男性に多い病気で、治療は一般的には手術になります。胆管がんの原因は、胆石と関係があります。胆石が作られる原因は、脂質の多い、こってりな食事をすることによりコレステロール値が上がり、胆石が作られやすいといわれています。胆石ができやすい人は、不規則な食事、過食、肥満などが関係しています。胆管がんは、胆石を作らないようにすることが大切なので、バランスの取れた食事と規則正しい生活をすることで予防になります。アルコールも肝臓に負担をかけるので、控えるようにしましょう。胆管がんにならないように、日常的に予防することが大切です。

医学の進歩に期待できます

胆管がんの治療には唯一手術が期待されます。進行の状況により、大きな手術になることがあります。切除が不可能な場合には、化学療法や放射線治療をを行う場合もあります。胆管がんは、発見しにくく治療も難しいので、日頃から予防をこころがけることが大切です。近年医学の進歩により、胆管がんの治療の標的となる新たな遺伝子が発見されました。開発が進み、新しい薬剤も研究されていますので、近未来では新しい治療法や新薬が期待されます。現在では、がんと診断された時から心身のさまざまな苦痛を和らげる暖和ケアが浸透し始めています。不安感や症状を暖和してくれて、生活がしやすい環境を提案してくれるものです。病気になってしまったら、不安がつきものですが、わからないことは医療スタッフに聞いて治療にのぞみましょう。