大腸がんは早期治療が大切|近年次第に増加傾向

先生

女性は特に必見

hospital

意外に簡単な検診です

乳がん検診には、大きく2種類の方法があります。超音波検査とマンモグラフィです。超音波検査は超音波を出す機械を、直接胸に当てていきます。このとき痛みは全くありません。乳がん検診で使われる超音波での検査方法は、妊婦健診でも使われるくらいなので、安心して受けることができます。これにより、自分の手では感じられないほどのしこりを見つけることができます。一方、マンモグラフィは乳房専用のエックス線で検査するものです。乳房を圧迫板で挟み込むので、痛みを感じる人もいますが、個人差があります。乳房をしっかり挟むことで、しこりをよりはっきりと写すことができます。また、早期の乳がんや石灰化を発見することに役立ちます。乳がん検診というと、痛い検査と思われがちですが、乳がんの手術の方がよっぽど大変で痛い思いをします。乳がん検診は多少時間もかかりますが、長くても半日あれば十分終わる検査です。

特性を生かした検査

乳がん検診を受ける頻度は、一般的に年に1回、もしくは2年に1回程度を勧められます。そして超音波検査、マンモグラフィにはそれぞれ向き不向きがあります。超音波検査であれば、妊娠中の方、若年の方、強い乳腺症の方、頻繁に様子観察をしなければならない方に適しています。また、マンモグラフィは乳房が大きく超音波が奥まで届きにくい方、過去との比較をする必要がある方に適しています。そして小さな石灰化も発見することができます。個人の年齢や過去歴により、検査を使い分けることもできますが、両方することを勧められたりします。問題なければ、そう頻繁に受ける必要のない検診です。過去の状態と比較して異常を発見できることも多いので、なるべく同じ医療機関での乳がん検診がお勧めです。